コンセプト

 

設計で大切にすること
  住宅の設計において、建て主の顔がみえるような設計をしたいと思っています。
  最近はとくに、住み手の経年変化に対応できるプランをこころがけています。
  そして、その変化に耐えるような構造、材料を考えています。
  とくに素材については、だんだん味がでてくるものを使っていきたいと思います。

デザインの傾向
  民家再生もやります。
  モダニズムのシンプルな美しさも好きです。
  自然素材のもつ力も魅力です。
  そこで私は、すっきりした空間と、素材のもつ力が生活に対応し、演出するようなデザインを追求しています。

TOP

©2006-2015 ArchtectureOffice SHIBATA All righit reserved